痛くない治療

歯科の治療で痛みが強いときは、麻酔を使用します。
麻酔を使えば治療中の痛みを軽減できますが、麻酔注射を刺すときの痛みそのものが嫌だ…という方も多いのではないでしょうか。麻酔注射が痛いのには理由があり「注射針が太い」「余計な圧力をかけて麻酔を注入している」ということが挙げられます。
注射針が太いと、針を刺すときの「チクッ」とした痛みが強くなってしまいます。そして麻酔薬を人の手で一気に注入すると、圧力が一定ではないため痛みを生じます。
当院では患者様に負担の少ない治療を受けていただきたいと考え、麻酔の打ち方も工夫しています。痛みへの恐怖感が強い方も安心してご来院ください。

イメージ画像

当院の無痛治療

表面麻酔

表面麻酔は、簡単に言えば「麻酔のための麻酔」です。
一般的に麻酔は注射器を用いて処置します。注射するときの「チクッ」と刺さる痛みを軽減するために、ゼリー状の麻酔薬を用いて感覚を鈍らせ、麻酔注射の痛みを和らげています。表面麻酔を塗布すること自体にもちろん痛みはなく、その後の麻酔注射も痛みを感じません。

細い麻酔針

前述のとおり、注射針が太いと、それだけ注射時の痛みも強くなります。単純な話ですが、細い針であれば痛みは少なくなります。時折、抜けた髪の毛などが肌に刺さることがありますが、あれはほとんど痛みを感じませんよね。それと同じように、細い注射針を採用することで麻酔時の痛みを大幅に軽減できます。前述の表面麻酔と合わせて、ほぼ痛みを感じることなく治療を終えられることもあります。

電動麻酔器

イメージ画像

電動麻酔器は、麻酔注射時の麻酔注入の圧力をコントロールすることで、手ブレすることなく一定の間隔でゆっくりと麻酔薬を注入することができます。治療担当者の技量に左右されることなく、一定の速度でゆっくりと麻酔注射を完了することができます。 また、歯肉の浅いところから深いところまで数回に分けて注入することで、より効果的に麻酔注射を行うことができます。

一番大事なのはむし歯の早期発見、早期治療

イメージ画像

ここまで麻酔の痛みの原因と、痛くない麻酔について紹介してきました。しかし、それでも歯医者さんは痛い、怖い、行きたくないという印象が抜けない方も多いかと思います。しかし、歯医者さんに行かなくていいかというと、そうではありません。
そもそも麻酔をして治療する必要がないように、常にお口を綺麗に保ちませんか?

麻酔が必要な段階になるまで放置しているから、麻酔を打たなければならないのです。麻酔を打つことが嫌なら、そうならないうちに解決しておくことが重要です。
むし歯・歯周病などは、初期の段階であれば麻酔を使用することなく治療が可能なことが多いです。治療において麻酔が必要な段階まで病状が進行する前に、麻酔なしでも治療できる段階で完治させてしまいましょう。
もちろん、普段の丁寧な歯磨きを忘れないことも大切です。
治療すら必要なければ、麻酔だって必要なくなるのですから。



サニー歯科クリニック
■診療内容:
 ・ 一般歯科
 ・ 小児歯科
 ・ 矯正歯科
 ・ インプラント
 ・ 口腔外科
 ・ 審美歯科
 ・ ホワイトニング
 ・ 歯周病治療
 ・ 予防歯科
一般歯科 / 小児歯科 / 矯正歯科 / インプラント / 口腔外科 / 審美歯科 / ホワイトニング / 歯周病治療 / 予防歯科
■診療時間:
診療時間

お待たせすることをできるだけ少なくするため、お電話にて症状とご都合をお聞かせください。
■急患随時受付
■各種保険取り扱い
(保険以外の自由診療については、診療内容をしっかりご説明させていただきます)

■アクセス:
地図

提携駐車場(タイムズカー)がございます。
駐車券を医院へお持ちください。

■交通案内:
〒262-0032
千葉県千葉市花見川区幕張町4-543-2
TEL:043-216-2050
FAX:043-216-2080
最寄駅:京成幕張駅 徒歩5分
    JR 幕張 徒歩7分
バス :幕張公園 徒歩1分
お車 :提携駐車場あります