歯科コラム

定期検診について

 

こんにちは♪

この間、梅の花がとってもきれいに咲いているのを見ました🌸

桜も少しずつ咲いてきていて

春の訪れを感じるようになってきましたね(*^^*)

 

さて今回は、歯科での定期検診についてお話します!

 

みなさんの、歯医者さんに行くタイミングはいつですか?

最後に行ってからもう何年も歯科に行っていなかった…という患者様がいらっしゃることも少なくありません。

 

サニー歯科クリニックでは、治療の区切りがついた患者様に、3ヶ月に一度の定期検診をオススメしています。

 

 

歯科での定期検診をきちんと受けている人の割合は、日本だとたった2%しかいないというデータがあります。

欧米と比べるとかなり少ないのが下のグラフからもわかりますね。

 

定期健診

 

また、「8020運動」といって、80歳になっても20本以上自分の歯を保ちましょうという取り組みがあります。

上のブラフの80歳時の歯の残存本数を見ていただくと、定期検診を受けている人の割合が多い国の方がその本数が多いこともお分かりいただけると思います。

 

 

定期検診で行うことは…

・虫歯や歯周病のチェック

・ブラッシング指導

・歯垢や歯石、着色の除去

・フッ化物塗布(お子様に!) など

歯の表面だけでなく、セルフケアでは落とせないもの(歯石・着色など)や、届きにくい部分(歯周ポケットの中)まで清掃します。

 

定期的に通っていただくことで、お口をきれいに保ち、歯や歯ぐきの健康も保ちやすくなります。また、万が一虫歯が見つかっても、まだ悪化していないので簡単な治療で済みます。

 

虫歯や歯周病の予防のために、定期検診にも是非いらして下さい!

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

カテゴリ:予防歯科, 歯周病, 虫歯治療 2017年3月31日

☆歯磨きのやり方☆

本日は歯磨きの基本をご紹介致します!

歯磨きには『3つの基本』があります。

歯

① 歯面にきちんとあてる

歯ブラシの毛先を歯面にきちんとあてます。

鏡などであたっているか確認するのもいいです!

② 軽い力で磨く

毛先が広がらない程度の軽い力で磨きます。

力が入り過ぎてしまうという方は、鉛筆を持つような持ち方にして頂くと余計な力が入りにくいですよ!

③ 小刻みに動かす

5~10㎜を目安に1~2本ずつ小刻みに動かすようにしてみてください!

 

『この角度が難しい』『ここはどう磨いたらいいの?』などありましたらお気軽に聞いて下さい!

カテゴリ:予防歯科 2017年2月1日

クリンプロ 歯磨きペースト

こんにちは。

本日は、先日セミナーに出席させて頂き勉強をしてきた、

クリンプロ 歯磨きペーストについて書こうと思います。

 

なぜ虫歯になるか知っていますか?

それは、虫歯菌の出すにより歯が溶けてしまうからです。

唾液にはもともと、歯にミネラル成分を供給し、溶けてしまった歯を修復する『再石灰化』をする効果があります。

しかし、加齢やストレス、喫煙等の要因で唾液の分泌量が減少すると虫歯のリスクが高まります

 

mushiba_img_03

 

この『クリンプロ歯磨きペースト』のすごいところは、従来の技術ではミネラル成分とフッ素を同時配合することが難しく、多くの歯磨き粉はフッ素のみが含まれていました。

しかしこの1本でミネラル成分であるリン酸やカルシウムで再石灰化をし、フッ素により歯を強く虫歯になりにくい歯を作ってくれます!! すごいです!(*^^*)

41yvgwdldgl

気になる方はぜひお声をかけて下さい(*´ω`)♡

 

カテゴリ:予防歯科 2016年12月14日

歯と歯のあいだまでキレイにしましょう!

こんにちは!

今年はもうインフルエンザが流行り始めているとのことで、気を付けたいですね…(>_<)

 

 

さて、毎日歯ブラシを使われている方が多いと思いますが、歯と歯のあいだの清掃用具も一緒に使っていますか?

 

 

歯ブラシでのお口のケアで、お口の中の食べかすやプラーク(むし歯や歯周病の原因となる細菌のかたまり)がどのくらい除去できるかのでしょうか。

 

最近、テレビCMなどでも耳にすることがあるかと思いますが、磨く前の汚れを100%とすると歯ブラシだけのケアでは約60%と言われています。

 

%e6%ad%af%e9%96%93%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%81%ae%e6%ad%af%e9%96%93%e9%83%a8%e3%81%ae%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%af%e9%99%a4%e5%8e%bb%e5%8a%b9%e6%9e%9c

 

 

歯ブラシをどんなに頑張っても、どうしても届かない「歯と歯のあいだ」や「歯と歯茎のあいだ」の汚れを落とせるのが、歯間ブラシやデンタルフロスです。

 

%e6%ad%af%e9%96%93%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%83%95%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%83%95%e3%83%ad%e3%82%b9

 

 

「歯間ブラシなどを使っていると、”すきっぱ”になってしまいませんか?」との質問もよく頂きますが、適切にお使いいただければそのようなことはありませんので大丈夫です!!!

 

歯並びやお口の状態によって、適したものをご紹介し、正しい使い方もご説明いたしますのでお気軽にお尋ねください♪

 

 

 

 

 

カテゴリ:予防歯科 2016年11月19日

噛む力

こんにちは。季節の変わり目は歯や歯茎のトラブルが多くなってきます。

痛くなる前に来院されることをおすすめします!

 

人の奥歯が一本で噛む力をご存知ですか?

成人男性の平均で約60キロもあるんです。

だいたい自分の体重くらいの力がかかっているんですね!(ふだんの食事では大体20キロかかっているようです)

 

ちなみにカバの噛む力は1000キロもあるみたいです。ba8603681e

 

カバから見ると人の噛む力は弱いですが、20キロの力が一回の食事で噛む回数600回です。それが毎日3回です。(しかも一本の歯で)

とんでもない力がかかっていますね。20キロの重りを600回持ち上げるのは絶対無理ですもんね。

20121105_cc97ab

 

しかし歯や歯茎が健康ならそれが可能なのです。

そして歯が無くなるとその分の力を他の部分で補わなければいけなくなるので残っている歯が悪くなってしまうのです。

なので、ほかの歯を守る為にも歯が無い部分をそのままにせずに噛めるようにしましょう!

そして残っている歯の健康のためにもブラッシングは大事ですね!

 

カテゴリ:予防歯科, 噛む力 2016年11月4日

歯ブラシの交換時期って知っていますか?

こんにちは。

あっという間に寒くなり、上着が手放せない季節になってきましたね。

みなさん風邪などひかれていませんか?

サニー歯科ではスタッフみんな、風邪予防にうがいを徹底しています!!

 

さて、本日は歯ブラシの交換時期についてお話しいたします(*’▽’)

みなさんはどれくらいで歯ブラシを交換していますか?

1ヶ月?2ヶ月?もしくは覚えていないという方も少なくないと思います。

歯ブラシの交換時期は、

①毛先が開いてきた時

②毛の弾力がなくなってきた時

を目安にするといいです。

毛先が開いているかどうかは、毛とは反対側から見るとよくわかります。

毛先が開いてしまった歯ブラシを使っていると…

475_1

汚れを落とす力が約半分くらいまで落ちてしまうんです!(/_;)

みなさんのお使いの歯ブラシは大丈夫でしょうか?

 

たとえ開いていなくても1日に3回使用する物なので、細菌がたくさん付着していることが考えられます。

1か月に1回は交換するようにしましょう(^^♪

歯ブラシを交換する日など設けると忘れなくていいかもしれないですね☆

カテゴリ:予防歯科 2016年11月1日

虫歯の原因って?

 

こんにちは!徐々に過ごしやすい気候になってきましたね。

今日は、虫歯についてお話します。

虫歯予防には「毎日の歯磨きが大切」と言われていますが、毎日頑張っているのに虫歯ができやすいと感じている方はいらっしゃいませんか?

反対に、あまり歯磨きをしていなくても虫歯がない方もいらっしゃいます。

 

虫歯になりやすい人となりにくい人がいるのは、なぜでしょうか?

 

 

1969年にKeyesという研究者が、虫歯は「口腔内の細菌」「食物」「歯質」の3つの要因が合わさった時に発症すると提唱しました。現在では、「時間」もあわせて4つの要因によるものと考える説があります。

 

%e8%bc%aa

この4つの要因がそろってしまわないようにすることで、虫歯を防ぐことが出来ると言われています。

 

それぞれの予防例を簡単にあげてみます。

「細菌」 ⇒ 歯磨き、フロスや歯間ブラシなどの歯間清掃具、洗口剤によるケア

「食事」 ⇒ 糖質・間食の摂取内容の工夫

「歯質」 ⇒ フッ化物の応用、シーラント

「時間」 ⇒ 糖質・間食の摂取時間の工夫、口腔ケアの回数・間隔の工夫

 

 

また、ご自身での虫歯予防と合わせて、歯科医院での定期的な検診も大切です。

お気軽にお越しください!お待ちしております。

 

カテゴリ:予防歯科, 未分類 2016年9月16日

歯ブラシのかたさって??

こんにちは。まだまだ暑い日が続いていますが、体調などは崩されていませんか?

さて、本日は歯ブラシのかたさの選び方について紹介いたします(^^♪

かたさの選び方

歯ブラシは『やわらかめ』『ふつう』『かため』の3種類がありますよね。

普通の歯の状態の方は『ふつう』が最も適しています。

やわらかめ』を選んだほうがいい方は、歯周病などで歯茎から出血しやすい方です。

かため』を選んだほうがいい方は、握力が弱くあまり歯を力をこめて磨けない方です。

歯は強く磨いてしまうと歯が削れてしまったり、歯茎を傷つけてしまう原因になりますので、やさしく微振動させるように磨いてみてください(^^)/

 

 

自分にあった歯ブラシがわからないという方!

安心してください!

スタッフが丁寧にお選びいたしますので、気軽に声をかけて下さいね(^_-)-☆

カテゴリ:予防歯科 2016年9月2日


■診療内容:
 ・ 一般歯科
 ・ 小児歯科
 ・ 矯正歯科
 ・ インプラント
 ・ 口腔外科
 ・ 審美歯科
 ・ ホワイトニング
 ・ 歯周病治療
 ・ 予防歯科
一般歯科 / 小児歯科 / 矯正歯科 / インプラント / 口腔外科 / 審美歯科 / ホワイトニング / 歯周病治療 / 予防歯科
■診療時間:
診療時間

お待たせすることをできるだけ少なくするため、お電話にて症状とご都合をお聞かせください。
■急患随時受付
■各種保険取り扱い
(保険以外の自由診療については、診療内容をしっかりご説明させていただきます)

■アクセス:
地図

提携駐車場(タイムズカー)がございます。
駐車券を医院へお持ちください。

■交通案内:
〒262-0032
千葉県千葉市花見川区幕張町4-543-2
TEL:043-216-2050
FAX:043-216-2080
最寄駅:京成幕張駅 徒歩5分
    JR 幕張 徒歩7分
バス :幕張公園 徒歩1分
お車 :提携駐車場あります